Japanese Association for the Study of Developmental Disabilities


HOME
概要
役員
名誉会員
会則
入会方法


機関誌について
発行状況
投稿について
学会通信

年次大会一覧
第52回大会


学会通信



(38巻4号)    (38巻3号)    (38巻2号)    (38巻1号)    (37巻4号)


2016年 理事・評議員会
日 時 2016年8月27日(土)
11:10〜12:00
場 所 京都教育大学 F16教室
出席者 菅野 敦理事長、小澤 温副理事長、相澤雅文、安達潤、池田一成、井澤信三、石川道子、石塚謙二、伊藤 浩、稲垣真澄、牛山道雄、大伴 潔、岡澤慎一、荻野竜也、奥住秀之、小野次朗、加戸陽子、金子健、金壽子、口分田政夫、郷間英世、小枝達也、腰川一惠、小島道生、小谷裕実、小林潤一郎、佐藤克敏、志賀利一、末光 茂、田実 潔、爲川雄二、中川栄二、中野敏子、名古屋恒彦、野口和人、橋本創一、原 仁、細川かおり、堀内伊作、松葉佐正、湯汲英史、渡邉貴裕
委 任 65名
事務局 霜田浩信事務局長

T.挨拶
1.開会挨拶(菅野 敦理事長)
2.大会実行委員長挨拶(郷間英世第51回大会実行委員長)
U.報告事項
1.機関誌発刊状況(小澤 温編集委員長)
2.第52回研究大会準備状況(志賀利一 次期大会事務局長)
3.その他
@IASSIDD世界大会の報告について(末光 茂理事)
Aやまゆり園での事件に関する声明について(金子 健理事)
V.協議事項
1.2015年事業報告、2015年会計報告、2015年監査報告について
資料に基づき、霜田事務局長、細川監事より説明があり、協議の結果、原案通り了承された。
2.2017年事業計画、2017年会計予算について
資料に基づき、霜田事務局長より説明があり、協議の結果、原案通り了承された。
3.日本発達障害学会法人化について
菅野理事長より法人化に向けての方向性や会員増の方策について説明があり、協議の結果、了承された。
4.名誉会員の推薦について
資料に基づき、霜田事務局長より名誉会員に上野一彦氏を推薦することについて説明があり、協議の結果、了承された。
5.アジア・太平洋会議基金活用による論文「動向」における執筆依頼(毎号)について
資料に基づき、霜田事務局長より説明があり、協議の結果、原案通り了承された。
6.第53回研究大会実行委員長について
研究大会の実行委員長選出について、菅野理事長より進捗状況について報告があり、了承された。
7.その他
@研究プロジェクトの助成について
国際学会で発表することを前提とした研究助成について、霜田事務局長より説明があり、協議の結果、了承された。



2016年 定期総会
日 時 2016年8月27日(土)
12:10〜12:50
場 所 京都教育大学 F16教室

T.挨拶
1.開会挨拶(菅野 敦理事長)
2.大会実行委員長挨拶(郷間英世第51回大会実行委員長)
U.報告事項
1.機関誌発刊状況(小澤 温編集委員長)
2.第52回研究大会準備状況(志賀利一 次期大会事務局長)
3.その他
@IASSIDD世界大会の報告について(末光 茂理事)
Aやまゆり園での事件に関する声明について(金子 健理事)
V.協議事項
1.2015年事業報告、2015年会計報告、2015年監査報告について
資料に基づき、霜田事務局長、細川監事より説明があり、協議の結果、原案通り了承された。
2.2017年事業計画、2017年会計予算について
資料に基づき、霜田事務局長より説明があり、協議の結果、原案通り了承された。
3.日本発達障害学会法人化について
菅野理事長より法人化に向けての方向性や会員増の方策について説明があり、協議の結果、了承された。
4.名誉会員の推薦について
資料に基づき、霜田事務局長より名誉会員に上野一彦氏を推薦することについて説明があり、協議の結果、了承された。
5.アジア・太平洋会議基金活用による論文「動向」における執筆依頼(毎号)について
資料に基づき、霜田事務局長より説明があり、協議の結果、原案通り了承された。
6.第53回研究大会実行委員長について
研究大会の実行委員長選出について、菅野理事長より進捗状況について報告があり、了承された。
7.その他
@研究プロジェクトの助成について
国際学会で発表することを前提とした研究助成について、霜田事務局長より説明があり、協議の結果、了承された。



2016年 第51回大会編集委員会
日 時 2016年8月28日(日)
12:10〜12:50
場 所 京都教育大学 F16教室
出席者 小澤 温編集委員長、橋本創一、大崎博史、神尾陽子、小枝達也、小島道生、霜田浩信、竹之内章代、名古屋恒彦 各常任編集委員、井澤信三、伊藤浩、岡澤慎一、奥住秀之、加戸陽子、菅野和恵、郷間英世、小谷裕実、爲川雄二、野口和人、平澤紀子、丸山啓史、渡邉雅俊 各編集委員
菅野 敦理事長
委 任 常任編集委員5名、編集委員54名
事務局 渡邉貴裕、尾高邦生、三浦巧也 各編集幹事

T.報告事項
1.平成27〜28年編集関係事業報告
平成27年〜28年の常任編集委員会開催日程および機関誌「発達障害研究」発刊内容、常任編集委員会事業内容が報告された。
2.投稿論文数と審査状況について
平成27年7月から平成28年8月までの投稿論文数61編、審査状況として、掲載17、採択1、査読中24、不採択15、取り下げ1であることが報告された。
3.研究大会優秀発表賞について
大会賞は藤井明日香氏(高松大学)、中村奈々氏(東京学芸大学大学院)の2編とし、受賞論文は、大会終了後、機関誌に掲載することが確認された。
U.協議事項
1.機関誌編集について
「特集」の企画内容等について確認された。常任編集委員、編集委員から「特集」の企画内容について提案が出され、次回常任編集委員会にて検討することとした。



2016年 第4回 常任編集委員会
日 時 2016年9月24日(土)
10:30〜12:00
場 所 日本発達障害学会事務局
出 席 小澤 温、神尾陽子、小枝達也、霜田浩信、竹之内章代、名古屋恒彦、橋本創一、若林 功 各常任編集委員
委 任 泉真由子、大石幸二、大崎博史、小島道生、志賀利一、葉石光一 各常任編集委員
事務局 渡邉貴裕、尾高邦生、三浦巧也 各編集幹事
小島 事務局員

T.報告事項
1.第38巻4号の発刊について
第38巻4号の特集として、「心理教育的アセスメントの結果解釈と活用について」について、進捗状況が確認された。また、38巻4号への掲載論文が確認された。
2.第39巻1号の特集について
第39巻1号の特集として、「共生社会を目指した発達支援を考える」について、進捗状況が確認された。
3.第39巻2号の特集について
第39巻2号の特集として、「わが国の学校ソーシャルワークの展開と特別支援教育の実践深化」について、進捗状況が確認された。
4.投稿論文の査読状況について
投稿論文の査読状況について、新規投稿論文20編、採択2編、修正採択2編、修正再審査11編、査読中15編であることが報告された。
U.協議事項
1.採択論文・不採択論文
採択論文2編、不採択論文4編の審査状況が報告され、採択論文、不採択論文が確認された。
2.特集について
第39巻3号、第39巻4号、第40巻2号の特集企画について、意見交換が行われた。
3.優秀発表賞について
優秀発表賞についての選考結果について報告され、藤井明日香氏、中村奈々氏の2名の受賞者について了承された。結果についてはホームページに掲載する。
4.「動向」(国際動向)執筆依頼について
アジア・太平洋会議基金活用による論文「動向」(国際動向)の執筆依頼について提案があり、検討がなされた。






(38巻4号)    (38巻3号)    (38巻2号)    (38巻1号)    (37巻4号)


2016年 第3回 常任編集委員会
日 時 2016年6月4日(土)
10:30〜12:00
場 所 日本発達障害学会事務局
出席者 小澤 温、志賀利一、霜田浩信、竹之内章代、名古屋恒彦、橋本創一、
若林 功  各常任編集委員
委 任 泉真由子、大石幸二、大崎博史、神尾陽子、小枝達也、小島道生、
葉石光一  各常任編集委員
事務局 渡邉貴裕、尾高邦生、三浦巧也  各編集幹事、小島事務局員

T.報告事項
1.第38巻3号の発刊について
第38巻3号の特集として、「就学支援の現状と今後の課題―インクルーシブ教育システムの構築を目指して―」について、進捗状況が確認された。また、第38巻3号への掲載論文が確認された。
2.第38巻4号の特集について
第38巻4号の特集として、「心理教育的アセスメントの結果解釈と活用について」について、進捗状況が確認された。
3.投稿論文の査読状況について
投稿論文の査読状況について、新規投稿論文 5編、採択 0編、修正採択 1編、修正再審査 7編、査読中 9編、不採択 2編であることが報告された。
U.協議事項
1.採択論文・不採択論文
採択論文はなく、不採択論文 2編の審査状況が報告され、確認された。
2.特集について
第39巻1号は大会特集号として確認された。第39巻2号、第39巻3号、第39巻4号、第40巻2号の特集企画について、意見交換が行われた。
3.優秀論文賞について
平成27年の優秀論文賞の選考結果について報告され、免田賢氏、田口禎子氏の2名の受賞者について了承された。
4.論文「動向」の執筆依頼について
国際的な研究交流の促進を目的とした、国際的な動向に関する論文の執筆依頼について提案され、理事会で検討することが承認された。






(38巻4号)    (38巻3号)    (38巻2号)    (38巻1号)    (37巻4号)


2016年 第1回 理事会
日 時 2016年4月17日(日)
13:00〜14:30
場 所 日本発達障害学会事務局
出席者 菅野 敦、小澤 温、宮本信也、奥住秀之、金子 健、小島道生、志賀利一、
末光 茂、曽根 翠、橋本創一、林安紀子、湯汲英史 各理事
山内信重、細川かおり 各監事
委 任 大伴 潔、小枝達也、真城知己、渡部匡隆、各理事
事務局 霜田浩信事務局長、小島事務局員

T.報告事項
1.理事長報告(菅野理事長)
2.編集委員会報告(小澤編集委員長)
3.倫理委員会報告(小枝倫理委員長,代理:霜田事務局長)
4.50周年記念事業委員会報告(橋本理事)
5.第50回大会報告(菅野50回大会実行委員長)
6.第51回大会準備状況報告(郷間51回大会実行委員長、代理:霜田事務局長)
7.IASSIDDメルボルン大会について(末光国際担当理事)
8.その他
U.協議事項
1.2015年事業報告(案)、会計報告(案)について
資料に基づき、霜田事務局長から説明がなされ、協議の結果、了承された。
2.本学会の法人化について
菅野理事長より一般社団法人の設立に向けての準備状況について説明がなされ、意見交換を行った。一般社団法人の設立のためには事務局体制の強化が必要であり、そのためになお一層の魅力ある学会運営を行い、学会員の増加による安定した財源確保を基に一般社団法人化に向けた準備をすすめることが了承された。
3.2017年事業計画(案)、予算(案)について
資料に基づき、霜田事務局長から説明がなされ、協議の結果、了承された。
4.名誉会員の推薦について
名誉会員推薦委員会より名誉会員に1名の会員が推薦され、協議の結果、了承された。
5.第52回研究大会開催機関について
菅野理事長より北海道・東日本ブロックの理事に依頼する提案がなされ、了承された。
6.入退会者について
新入会の正会員 54名、学生会員 8名、団体会員 4、退会申請の正会員 84名、団体会員 3、 自然退会の正会員 112名が了承された。
(備考)2016年4月10日現在の会員数:正会員 1,643名、学生会員 76名、団体会員 302、賛助会員 3 [計 2,024]



2016年 第2回 常任編集委員会
日 時 2016年4月16日(土)
10:30〜12:00
場 所 日本発達障害学会事務局
出席者 小澤 温、志賀利一、霜田浩信、竹之内章代、名古屋恒彦、橋本創一、若林 功 各常任編集委員
委 任 泉真由子、大石幸二、大崎博史、神尾陽子、小枝達也、小島道生、葉石光一 各常任編集委員
事務局 渡邉貴裕、尾高邦生、三浦巧也 各編集幹事、小島事務局員

T.報告事項
1.第38巻3号の発刊について
第38巻3号の特集として、「就学支援の現状と今後の課題−インクルーシブ教育システムの構築を目指して−」について、進捗状況が確認された。また、第38巻3号への掲載論文が確認された。
2.第38巻4号の特集について
第38巻4号の特集として、「心理教育的アセスメントの結果解釈と活用について」について、進捗状況が確認された。
3.投稿論文の査読状況について
投稿論文の査読状況について、新規投稿論文 11編、採択 5編、修正採択 1編、修正再審査 10編、査読中 7編、不採択 2編であることが報告された。
U.協議事項
1.採択論文・不採択論文
採択論文 5編、不採択論文 2編の審査状況が報告され、採択論文、不採択論文が確認された。
2.特集について
第39巻1号は大会特集号として確認された。第39巻2号、第39巻3号、第39巻4号の特集企画について、意見交換が行われた。
3.優秀論文賞について
優秀論文賞の候補論文について報告があり、本選考の手続きについて意見交換が行われた。
4.その他
平成28年熊本地震に関し、学会誌としての対応について意見交換が行われた。






(38巻4号)    (38巻3号)    (38巻2号)    (38巻1号)    (37巻4号)


2015年 第5回 常任編集委員会
日 時 2015年11月7日(土)
10:30〜12:00
出 席 小澤 温編集委員長、小島道生、志賀利一、霜田浩信、竹之内章代、
橋本創一、若林 功 各常任編集委員
委 任 泉真由子、大石幸二、大崎博史、神尾陽子、小枝達也、名古屋恒彦、
葉石光一、各常任編集委員
事務局 渡邉 貴裕、尾高 邦生、三浦 巧也 各編集幹事、小島事務局員

T.報告事項
1.第38巻1号の発刊について
第38巻1号の特集として、「次世代につなぐ」について、進捗状況が確認された。また、38巻1号への掲載論文が確認された。
2.第38巻2号の特集について
第38巻2号の特集として、「障害者虐待防止法施行後の3年間を振り返る」について、進捗状況が確認された。
3.投稿論文の査読状況について
投稿論文の査読状況について、新規投稿論文3編、採択1編、修正採択1編、修正再審査11編、査読中8編、不採択3編であることが報告された。
U.協議事項
1.採択論文・不採択論文
採択論文1編、不採択論文3編の審査状況が報告され、採択論文、不採択論文が確認された。
2.特集について
第38巻3号の特集企画として、「就学支援の現状と課題」について企画内容、執筆者について提案され、検討された。第38巻4号以降の特集企画について、意見交換が行われた。
3.『優秀論文賞』について
優秀論文賞についての選考結果について報告され、2名の受賞者について了承された。結果についてはホームページに掲載する。
4.その他
次回の常任編集委員会の開催予定として、2016年1月9日(土)の10:30より学会事務局にて行うこととした。



2016年 第1回 常任編集委員会
日 時 2016年1月9日(土)
10:30〜12:00
出 席 泉 真由子、志賀 利一、霜田 浩信、竹之内章代、名古屋恒彦、橋本 創一、
若林 功 各常任編集委員
委 任 小澤 温、大石 幸二、大崎 博史、神尾 陽子、小枝 達也、小島 道生、
葉石 光一、各常任編集委員
事務局 渡邉 貴裕、尾高 邦生、三浦 巧也 各編集幹事、小島事務局員

T.報告事項
1.第38巻2号の発刊について
第38巻2号の特集として、「障害者虐待防止法施行後の3年間を振り返る」について、進捗状況が確認された。また、第38巻2号への掲載論文が確認された。
2.第38巻3号の特集について
第38巻3号の特集として、「就学支援の現状と今後の課題−インクルーシブ教育システムの構築を目指して−」について、進捗状況が確認された。
3.投稿論文の査読状況について
投稿論文の査読状況について、新規投稿論文5編、採択2編、修正採択1編、修正再審査6編、査読中11編、不採択4編であることが報告された。
U.協議事項
1.採択論文・不採択論文
採択論文2編、不採択論文4編の審査状況が報告され、採択論文、不採択論文が確認された。
2.特集について
第38巻4号の特集企画として、「心理教育的アセスメントの結果解釈と活用について」について企画内容、執筆者が提案され、検討された。第39巻2号以降の特集企画について、意見交換が行われた。
3.その他
次回の常任編集委員会の開催予定として、2016年4月16日(土)10:30より学会事務局にて行うこととした。






(38巻4号)    (38巻3号)    (38巻2号)    (38巻1号)    (37巻4号)


2015年 第4回 常任編集委員会
日 時 2015年9月5日(土)
10:30〜12:00
出 席 小澤 温 編集委員長、泉 真由子、大崎 博史、小枝 達也、志賀 利一、
霜田 浩信、竹之内章代、橋本 創一、若林 功 各常任編集委員
委 任 大石 幸二、神尾 陽子、小島 道生、名古屋恒彦、葉石 光一 各常任編集委員
事務局 渡邉 貴裕、尾高 邦生、三浦 巧也 各編集幹事、小島事務局員

T.報告事項
1.第37巻4号の発刊について
第37巻4号の特集として、「知的障害児者・発達障害児者における感覚過敏・鈍麻」について、進捗状況が確認された。また、37巻4号への掲載論文が確認された。
2.第38巻1号の発刊について
第38巻1号の特集として、「次世代につなぐ」について、進捗状況が確認された。
3.投稿論文の査読状況について
投稿論文の査読状況について、新規投稿論文7編、採択6編、修正採択2編、修正再審査13編、査読中5編であることが報告された。
U.協議事項
1.採択論文・不採択論文
採択論文6編、不採択論文2編の審査状況が報告され、確認された。
2.『優秀論文賞』選考手続きについて
優秀論文賞の選考手続きについて提案され、協議の結果、了承された。
3.特集について
第38巻2号の特集企画として、「障害者虐待防止」について企画内容、執筆者が提案され、検討された。第38巻3号、第38巻4号の特集企画について、意見交換が行われた。
4.その他
次回の常任編集委員会の開催予定として、2015年11月7日(土)の10:30より学会事務局にて行うこととした。






(38巻4号)    (38巻3号)    (38巻2号)    (38巻1号)    (37巻4号)